キーワードから探す

文字サイズ
背景色

内科学講座 消化器内科学分野

内科学講座 消化器内科学分野

内科学講座 消化器内科学分野

講座について

旭川医科大学 内科学講座病態代謝内科学分野(通称第二内科)は、1974年石井兼央教授により開講され、1988年第二代牧野勲教授、2001年第三代羽田勝計教授、2016年からは第四代太田嗣人教授に引き継がれました。

旭川医科大学 内科学講座消化器?血液腫瘍制御内科学分野(通称第三内科)は、1976年並木正義教授により開講され、1994年第二代高後裕教授、2016年第三代奥村利勝教授に引き継がれました。

2020年6月、内科学講座消化器?血液腫瘍制御内科学分野の下に、消化器?内視鏡学部門とがんゲノム診療部門が置かれ、消化器?内視鏡学部門長 藤谷幹浩教授およびがんゲノム診療部門長 水上裕輔教授が選出されました。

2020年内科再編の過程で
これまで旭川医科大学の内科学講座
病態代謝内科学分野(通称第二内科)と
消化器?血液腫瘍制御内科学分野(通称第三内科)が統合になり
2020年7月より内科学講座 病態代謝?消化器?血液腫瘍制御内科学分野と改称されました。

2023年10月からは
循環?呼吸?神経病態内科学分野(通称第一内科)も合わせ、内科学講座として循環器?腎臓内科学分野、呼吸器?脳神経内科学分野、内分泌?代謝?膠原病内科学分野、消化器内科学分野、血液内科学分野の5つの分野を持つ大講座として新たなスタートを切りました。

スタッフ紹介

教授

奥村 利勝オクムラ トシカツ

教授

藤谷 幹浩フジヤ ミキヒロ

教授

水上 裕輔ミズカミ ユウスケ